ネズミ駆除を考えている人に役立つ情報|カサカサ気になる存在

ウーマン

自己流の駆除は危険

白蟻被害

巣を見つけても慌てずに

これから夏から秋に向けて、蜂の活動は活発になります。春から巣作りをはじめ、蜂の活動が最も活発になるのが8〜9月となっています。私たち人間の野外での活動も活発となるこの時期は、蜂と遭遇する機会も増えるため、蜂に刺されたことによる死亡事故が起こるのも、この頃が最も多いのです。庭先や自宅に蜂やその巣を見つけたら、なるべく早く蜂退治を専門とした業者を探しましょう。近隣への配慮や、家族に被害が出る前に早めに行動することが被害を減らす第一歩です。決して、自分で解決しようと巣に近寄ったりはせず、まずはインターネットなどを通じて情報を集めてみましょう。住んでいる地域を担当している業者が見つかったら、いくつか絞ってメールや電話で直接問い合わせをして選ぶのがよいでしょう。

作業が終わるまで慎重に

蜂の巣退治をお願いする業者が決まっても、その作業が終わるまで気は抜けません。また、注意すべき点をしっかりと守り、隣接しているお宅などがあれば、蜂退治をしてもらう日を伝えておくと安心です。作業が終わるまでは、洗濯物なども室内で干すなど慎重になりましょう。職場や学校へ出かける際も、用心して過ごした方がよいですね。巣の退治当日は、業者の指示に従い、安全に作業が終わるようにすべてお任せしましょう。無事に巣が取り除かれたら、今後、巣を作られないよう対策をとっていくことも大事です。家の軒下や庭の樹木、人の出入りの少ない物置小屋など、普段から定期的にチェックをし、蜂の姿がないか確認します。夏から秋にかけての数か月間、蜂に気を付けて過ごしましょう。