ネズミ駆除を考えている人に役立つ情報|カサカサ気になる存在

ウーマン

ハチの巣は危険

シロアリ

ハチの巣を見つけたら

家に蜂の巣が出来てしまったら、まずは刺激しないようにしてよく観察します。調べて種類が分かったら、対処方法を考えます。ミツバチ以外の蜂は冬を越さないので、一旦巣を離れたら戻って来ないこともあります。季節によっては退治しなくても自然に朽ち果てることもあります。ミツバチも危険が無いときは人を襲いませんが、巣が危険にさらされていると判断すると襲うことがあります。蜂の巣の退治は、小さいものなら殺虫剤で駆除することも出来ます。自治体が防護服を貸してくれることもあります。しかし、蜂の退治はアシナガバチ、スズメバチのような危険なものは、刺されると命の危険もあるので、出来るだけ専用の蜂駆除業者を利用するのが懸命な選択です。

種類別ハチの被害

蜂が家や庭に巣を作る被害は年々多くなっています。蜂が快適に暮らせる自然が脅かされて、人の住む町まで出て来ざるを得ない状況になってるのがその原因です。よく住宅に巣を作るのが発見されるのはアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチです。アシナガバチは同じ場所に巣を作るのが特徴です。冬を越せないので、11月頃にはいなくなることもあります。スズメバチは巣を作るのが早く、軒下や庭木に巣をよく作ります。1000匹にもなる集団になり、危険な種類なので自分で退治しようとせず、業者にお願いしましょう。ミツバチはおとなしいですが、5万匹にもなると言われています。長生きするため巣を長く使い、人に対する被害は侮れない種類です。