ネズミ駆除を考えている人に役立つ情報|カサカサ気になる存在

作業員男性

スズメバチの巣の駆除対策

ハチ

毎年刺されて死亡事故が起こる危険な蜂がスズメバチです。巣を見つけたら自分で退治しないですぐに駆除業者に連絡すべきです。対応がスピーディーで明確な見積書を出す業者を選びます。蜂は色や臭いに敏感なので、白い服を着て化粧をしないことが必要です。繁殖の季節が来る前に退治することです。

もっと知ろう

自己流の駆除は危険

白蟻被害

蜂が活発に活動するのは8〜9月で、また、蜂に刺されたことによる死亡事故が増えるのもこの時期が最も多い。巣の退治は自ら行おうとせず、専門の業者に依頼すると良いでしょう。普段から、自宅の周辺に蜂やその巣がないかチェックすることも大切です。

もっと知ろう

ハチの巣は危険

シロアリ

自然が脅かされている現在、人の家に巣を作る蜂の被害は年々増えています。アシナガバチやスズメバチは自分で退治しようとすると危険が大きいため、出来るだけ刺激しないようにし、蜂の駆除業者に頼むのが懸命な方法です。

もっと知ろう

プロに任せる駆除

ネズミ

厄介でやりにくい作業

少し古くなった家に住んでいると、どこにでも住み着いてしまうネズミの駆除や対策に困っているという方もいらっしゃると思います。最近ではホームセンターでネズミ駆除に使う薬品や道具を販売していますが、やはりネズミは虫と違って頭もよく、動きも素早いですし、ネズミ駆除の後始末はあまりいい気分はしないでしょう。そこで、プロのネズミ駆除業者に依頼することをおすすめします。プロであれば、ネズミの種類や習性を熟知しており、それに合った駆除を行うので失敗することがなく、死骸の処理までやってもらえるのというのも人気の理由の一つでしょう。ネットで手続きできるので、女性はもちろん、男性や高齢者の方もプロにお任せする方が増えています。

駆除が終わっても油断大敵

ネズミ駆除が終わった後はしばらく平和に過ごすことができますが、油断しているとまたネズミがやってきて住み着いてしまう可能性があります。プロに依頼した場合は、その後の対策を教えてもらえますが、自分で行った場合は自分で対処しなければなりません。ホームセンターや駆除用品を購入した店の方にアドバイスをもらったり、ネットでネズミ駆除に詳しい方のブログを読むなどして、情報収集をし、専門の掲示板や動画サイトなども見たりして、色々研究してみましょう。家が新しいからと油断していても危険です。家がだんだん古くなっていつの間にかネズミがやってくる前に、できる対策はしておくようにして、自分たちの住む家を守るようにしましょう。